« 2014年4月 | トップページ | 2017年2月 »

2014年5月に作成された記事

2014年5月 4日 (日)

無線LANを中継してみた

無線LANを中継してみました。

実験環境は実家。木造二階建て。
電話線のある場所からWHR-HP-G300Nで無線を飛ばしているが、私のいる二階の部屋までは結構ぎりぎりな状態。WZR-1750DHPが余ったので、WZR-1750DHPを中継器として使ってみました。WZR-1750DHPは、二階の部屋の真下の1階の部屋に置きました。

inSSIDerのAndroid版を使って状態を見てみました。

中継前の電波の状態。

Inssider

左の山がWHR-HP-G300N。右の山がWHR-HP-G300Nと同じ場所に置いた場合のWZR-1750DHP。

中継後の電波の状態が以下。

Inssider_2

高い方の山がWZR-1750DHPの電波。電波の状況の改善ができました。

私の使った端末ではハンドオーバーはできませんでした。2階でWi-Fiのコネクションを確立して、そのまま1階に降りると電波が非常に弱くなりました。

無線LAN親機 WZR-1750DHPはハズレ

 結構な値段のする無線LAN親機 WZR-1750DHPを2台買った経験から言わせてもらうと、WZR-1750DHPは失敗作と言わざるを得ない。

 まず、WZR-1750DHP 1台を無線LAN親機、もう1台をイーサネットコンバータとして使い、自宅のネットワークを構築することを考えた。置き換え前の環境は、親機がWZR-HP-AG300Hで、イーサネットコンバータがWLI-TX4-AG300N。普通に考えれば、新しい機種に変えたのだから、より性能が上がると考えると思う。しかし、結果は違った。従来は、そこそこ安定していた ひかりTV がプチプチ切れる。従来と同じ5GHz帯の20MHz帯域しか使っていないのに。ルーターモードにしたり、アクセスポイントモードにしたり、QoSの設定をしても駄目。結局、家の環境は元に戻した。

 使わなくなったWZR-1750DHPをどうしようかと考えて、実家のWHR-HP-G300Nを置き換えることを考えた。で、実家に帰省した時に置き換えてみたのだが、こっちも駄目だった。従来なら、ギリギリ電波が届く所が、ぜんぜん届かなくなってしまった。

比較的近距離の安定性もいまいち。長距離のパワーもいまいち。全くいいところがない。

まさに、金返せーな状態。

まあ、無線LANは、バッファロー派なので、他社に乗り換える気はないけど、しばらくは様子見かな。

« 2014年4月 | トップページ | 2017年2月 »

無料ブログはココログ