« 無線LANを中継してみた | トップページ | Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) »

2017年2月 2日 (木)

夜インターネット回線が遅いのを改善してみた(@nifty/フレッツ光/v6プラス/WXR-1900DHP)

フレッツ光を使っているのですが、今年に入ってから、特に夜の時間帯の回線が非常に遅く困っていました。そこで、いろいろやってみた結果、ようやく改善できたので記事にしてみました。

一言で結論を言ってしまえば、v6プラスの適用です。

【変更前の構成】

回線 NTT東日本 フレッツ 光ネクスト マンションタイプ プラン2B
プロバイダ @nifty
契約プラン @nifty光 with フレッツ
ホームゲートウェイ RV-230SE
家庭内のLAN 有線 + 無線(BUFFALO WXR-1900DHPをアクセスポイントで)

どういう状況だったかというと、

  1. [有線]夜9時以降、ニコニコ生放送などが止まりまくって視聴に耐えれない
  2. [有線]夜9時以降、オンラインゲーム(具体的に言うと、ドラゴンクエスト10)がまともに動か
  3. [有線/無線]ウェブページは見れるけどむちゃくちゃ遅い。WiFiを切って、LTEで見た方が速い。

という感じ。

10時半ぐらいにPingを打つとこんな感じ。
---------------------------------------------------------------
ping -n 100 www.nifty.com

222.158.213.147 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 100、受信 = 83、損失 = 17 (17% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 24ms、最大 = 30ms、平均 = 26ms
---------------------------------------------------------------

朝5時半だとこんな感じ
---------------------------------------------------------------
ping -n 100 www.nifty.com

222.158.213.147 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 100、受信 = 100、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 15ms、最大 = 18ms、平均 = 15ms
---------------------------------------------------------------

反応速度が遅いのも問題だけど、パケットの損失がひどすぎる。
再送でごまかせる通信は遅いだけですむけど、ストリーミングとかリアルタイム性が欲しい通信は全く駄目。

こんな状態なんですが、ひかりTVは結構まともに見れる。というのは、ひかりTVはIPv6通信で、フレッツ網はIPv4とIPv6で通信が全く違うんですね。

試しにIPv4とIPv6両方受け付けられるサーバにPingを打つと、
---------------------------------------------------------------
ping -n 100 -4 www.nta.go.jp

e8346.dscksd.akamaiedge.net [23.2.135.120]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

23.2.135.120 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 100、受信 = 89、損失 = 11 (11% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 13ms、最大 = 21ms、平均 = 17ms

---------------------------------------------------------------
ping -n 100 -6 www.nta.go.jp

e8346.dscksd.akamaiedge.net [2600:140b:2000:1b1::209a]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

2600:140b:2000:1b1::209a の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 100、受信 = 100、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 4ms、最大 = 34ms、平均 = 5ms
---------------------------------------------------------------

何、この差。

ということで、あんまり回線を大きくいじらずに回線品質を改善しようとすると、IPv4 over IPv6を使えばいいんじゃない?という考えになります。
IPv4 over IPv6とは、IPv4のパケットをIPv6のパケットで包んで、IPv6の通信経路で流す技術です。家庭内はIPv4とIPv6の混在、フレッツ網は全部IPv6で、その先でまたIPv4とIPv6に分離します。最近やばすぎるフレッツのIPv4網を使わないので、回線が安定するんですね。
で、IPv4 over IPv6ですが、@niftyで使えるのは、v6プラスになります。

v6プラス自身は追加料金無しなので申し込むだけでOK!

とならなかったのが、うちの環境...

で、以下に、いろいろ試行錯誤したことを書いていきます。

まず、「@nifty光 with フレッツ」から「@nifty光」に転用しました。後から考えれば、これはやらなくても良かったかも。ちょっと個別の事情があり、「@nifty + NTT」体制ではなく、「@nifty」一本にしたかったというのが理由。実はうちの環境だと、転用で+80円/月になってしまいますので。(もっとも、トリプル割適用を考えているので、結果安くなるんですが)

転用は局内工事だけなので家庭内はなにもせずに終わりました。
でも、転用だけでは回線品質も変わりませんでした。相変わらず遅い。

でv6プラスの申し込みですが、転用の申し込みの時に同時に申し込みになりました(勝手に付いた)。が、数日後、「v6プラス 提供不可通知」なるものが。

ここからが面倒だった。

@niftyに問い合わせたり、いろいろ調べると、http://csoption.nifty.com/ipv6/にも書いてありますが、
> 下記いずれかの機器をお使いいただくことが条件となります。
>  -
v6プラス対応のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)
>   
- v6プラス対応のブロードバンドルーター
ということ。
v6プラス対応のホームゲートウェイ(ひかり電話対応ルーター)は、「PR-500シリーズ、RT-500シリーズ、PR-400シリーズ、RV-440シリーズ、RT-400シリーズ、RT-S300シリーズ、PR-S300シリーズ、RV-S340シリーズ」なので、うちの古いホームゲートウェイは対応していない。
で、NTTに電話してホームゲートウェイ(RV-230SE)を交換できないか聞いてみたけど、拒否されました。NTTの基本方針は、故障なら交換するけど、そうじゃないなら交換しないということらしい。
(後から@niftyサポートからメールがあったけど、@niftyサポートが伝えてきたNTTの電話番号が間違っていたらしい。もし正しい電話番号なら、ホームゲートウェイ交換してもらえるかもしれないけどよく分からない)

しかし、さらに調べると、前から使っていた「BUFFALO WXR-1900DHP」が「v6プラス対応のブロードバンドルーター」だった。
でも、WXR-1900DHPはルータ機能を切っていて、アクセスポイントとして使用していた(RV-230SEがルータ機能を持っているので二重ルータにならないように)ので、回線側から見ればRV-230SEしか見えない状態に。

ということで、WXR-1900DHPの設定を変更。

RV-230SEの設定画面を開いて、PPPoE通信しないようにして、DHCPも無効に。RV-230SEは単なるひかり電話用 & モジュラージャック→LAN変換端末に。

RV-230SEのLANポートにつながっていた機器はすべてWXR-1900DHPに刺し直し。

WXR-1900DHPをルータモード(Autoだとアクセスポイントモードで認識されてしまったので強制的にルータモード)に変更。設定も一旦リセットして、「インターネット@スタート」で回線を認識させ、PPPoEでまずつながるように。IPv6側は「インターネット@スタート + パススルー」で。
これで、WXR-1900DHPが全部の通信を中継するようになった。ただし、まだIPv4はPPPoEなので、速度やパケット損失は変わりません。

ここで、v6プラスを申し込み。

と数日後、「IPv6接続オプション ご利用開始通知」なるものが。

「v6プラス」申し込んだのに、「IPv6接続オプション」が開通してしまった。
@niftyのv6プラスのページによると、「v6プラス」申し込んでも、適用できないと「IPv6接続オプション」で開通してしまうらしい。
当然ながら、回線品質変わらず。

万事休すかと思って、さらに調べてみると、
v6プラス関連の覚え書きBIGLOBEのv6プラス説明ページに以下の記述が。

> 上記条件に当てはまらない方で、以下の機器をお持ちの方は、「フレッツ光IPv6接続」(無料)をお申し込みください。
> - BUFFALO製 WXR-1750DHP/WXR-1900DHP/WXR-1900DHP2/WXR-2533DHP/WXR-2533DHP2[株式会社バッファロー提供]
> ※ 本機器をご利用の場合は、「フレッツ光 IPv6接続」をお申し込みいただくことで、v6プラスが利用できます。下記からお申し込み下さい。

うちは@niftyなのに、BIGLOBEの説明が意味あるのか?と思う人が居るかもしれませんが、実はv6プラスを提供しているのは、JPNEで@niftyもBIGLOBEも株主で使用者なんですね。つまり、@niftyのv6プラスもBIGLOBEのv6プラスも、結局物は同じ。

どうも、v6プラスを申し込むと、NTTのホームゲートウェイにフレッツジョイントでv6プラスの機能が送られて使えるようになるんだけど、うちのホームゲートウェイが古くて非対応だし、WXR-1900DHPもフレッツジョインを受け付けれないので、エラーになって、「IPv6接続オプション」になっちゃったみたいです。

ここで、BIGLOBEの説明の「フレッツ光IPv6接続」って、@niftyだと「IPv6接続オプション」だねっていうことで、

思い切って、WXR-1900DHPの設定を変えてみました。

設定画面を開いて、「IPアドレス取得方法」を「v6プラス接続を使用する」に設定。

で、しばし待つ。

つながった!

tracert www.nifty.com
してみる。

通信経路が変わった!
kddi.ne.jpドメインのゲートウェイが出てきた!(JPNEにKDDIが参加しているからでしょうね)

で、夜10時ぐらいに、
ping -n 100 -4 www.nta.go.jp
ping -n 100 -6 www.nta.go.jp
を打ってみた。IPv4が速い!(結果保存するの忘れた)

早速、ドラクエ10やりながら、ニコニコ生放送タイムシフトを見る。
全然問題なし!

という訳で、通信が改善されました。

けど、これ、かなりネットワークの知識無いと、結論たどり着けないよね?
少なくともとも、ルータの設定を変えれるぐらいの知識は必要なわけで。

素人がやろうとすると、v6プラス対応のホームゲートウェイを入手と言うことになると思う。
うちは、交換拒否られましたけどね。
「ひかり電話」使っているので、ホームゲートウェイはNTTレンタルになるんだけど、交換できないとなるときつい(もしかすると方法あるかもしれないけど)。「@nifty光」で「ひかり電話」不要なら、ホームゲートウェイの申込先は@niftyになるので、もうちょっとは話が通じるかもしれない。

« 無線LANを中継してみた | トップページ | Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

設定を参考にしましたら私も接続できました。
申し込んでも同じ状況だったので大変助かりました。
ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563997/64841081

この記事へのトラックバック一覧です: 夜インターネット回線が遅いのを改善してみた(@nifty/フレッツ光/v6プラス/WXR-1900DHP):

« 無線LANを中継してみた | トップページ | Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) »

無料ブログはココログ