« Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) | トップページ | ひかりTVの品質改善(スマートスイッチ BS-GS2008の導入) »

2017年8月 2日 (水)

I-Oデータのv6プラス対応機器(WN-AX1167GR)を試してみた

今年の2月ぐらいに確認したときはv6プラスの対応機器には、NTTの機器か、バッファローの無線LAN親機しかなかったのですが、そのあと、I-Oデータ製の無線LAN親機が追加されました

ということで、買って試してみました。
無線部分は使用せず、ルータ機能のみ使いました(無線部分はWNPR2600G)

で、試してみた結果ですが、回線速度測定だとそんなに大きな値の差が出ないのですが、一部のアプリでWXR-1900DHPより反応が遅いことが分かりました。
具体的には、ドラゴンクエスト10の起動で、WXR-1900DHPはアップデート確認がすぐに終わるのですが、WN-AX1167GRだとちょっと待たされる感じです。
あと、スマホのいくつかのアプリも気持ち遅く感じました。(Wi-Fi部分は同じなので、単純にルータの性能)

で、結局元のWXR-1900DHPに戻しました。
WXR-1900DHPが高速なプロセッサを使っていると謳っているのは伊達じゃないのね。

もしかすると、より速いプロセッサを積んでいるWXR-2533DHP2の方が速いのかもしれない。 試さないけど。

« Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) | トップページ | ひかりTVの品質改善(スマートスイッチ BS-GS2008の導入) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563997/65613351

この記事へのトラックバック一覧です: I-Oデータのv6プラス対応機器(WN-AX1167GR)を試してみた:

« Wi-Fi 11acでのフリーズの解決(WXR-1900DHP→WXR-1900DHP+WNPR2600G) | トップページ | ひかりTVの品質改善(スマートスイッチ BS-GS2008の導入) »

無料ブログはココログ