« I-Oデータのv6プラス対応機器(WN-AX1167GR)を試してみた | トップページ | RV-230SE + WXR-1900DHP + v6プラス構成の時の RV-230SE の設定 »

2017年8月11日 (金)

ひかりTVの品質改善(スマートスイッチ BS-GS2008の導入)

昔からそうだったんだけど、ひかりTVが15~30分に1回ぐらい瞬断します。
チューナーをトリプルチューナーモデル(ST-3400)に変えてからかなり気になります。
音楽が途中で途切れるとむちゃくちゃ気になります。

ということで、改善を試みることにしました。
いろいろ調べた結果、たどり着いた結論がスイッチングハブの変更でした。

まず、変更前のネットワーク構成。
Network1
無線LANルーターが2つあって、かなり無駄な構成になっている理由は、これとかこれを読んでください。
スイッチングハブが2つあるのは、LANケーブルの取り回しの関係です。ポート数の多いハブを使うのがいいと思うんだけど、10m超えのLANケーブルも何本も引きたくないので。

この構成なんだけど、ひかりTVを使っていると、かなり困った問題が。
ひかりTVは、IPv6マルチキャストを使っているんですが、家庭用の安いスイッチングハブだと、これが全部ブロードキャスト通信になってしまうのです。
Network2
赤の矢印がひかりTVのIPv6マルチキャストパケットが送信される経路。
実際にはひかりTVチューナーST-3400しか受け取る必要がないんだけど、ほぼ全部の機器にパケットが送信されてしまう。うちの家庭のネットワークで大部分を占めるのがひかりTVの通信なので、スイッチングハブはほとんどリピーター状態。ひかりTVの通信は10Mbps程度なので100Mbpsとか1Gbpsが処理できるハブなら問題ないはずなんだけど、やっぱりたまに失敗するようでひかりTVが止まります。

で、奮発してスマートスイッチ BS-GS2008を導入しました。
はい、これ家庭用じゃないです。企業向け製品。Amazonでも他のネット通販でも普通に買えますが。ちょっと高いです。スマートスイッチの中では非常に安いですが。
ついでに10m超えのLANケーブルも複数購入して構成を変更しました。
Network3
BS-GS2008導入の利点は3つだと思っています。
(1) MLDスヌーピングが使える。
 ひかりTVのマルチキャストパケットがひかりTVチューナーだけに届くようになります。(上の図の矢印参照)
 ネットワークに余裕ができます。
  インターネット通信するときは駄目ですが、PCとNAS間の通信がひかりTVとは全く無関係に。

(2) ポートベースのQoSが使える
 ひかりTVチューナーとPCの通信のポートの優先順位を高く設定できるようになります。

(3) バッファ容量が1.5MBと大きくなる
 LSW4-GT-5NSは128kBしかありません。
 バッファローではネットワークオーディオ向けというハブを売っているのですが、その売りの1つが512KB大容量バッファーによる音切れ防止効果です。バッファーを大きくすると一時的な遅延を吸収しやすくなるので、ひかりTVでも画像が途切れにくくなるはずです。

で、実際に導入した効果は絶大で、通信エラーが出なくなりました。
たまに画像が乱れることはありますが、ほんとうに一瞬だけ。
びっくりするほど安定しました。

いろいろ買って試した結果の結論がこれです。
スマートスイッチ、安い買い物じゃなかったけど、最初からこれを選んでおけば、返って安く済んだかもしれないです。

« I-Oデータのv6プラス対応機器(WN-AX1167GR)を試してみた | トップページ | RV-230SE + WXR-1900DHP + v6プラス構成の時の RV-230SE の設定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、DAIさん。

スマートスイッチは、かなり高度な設定ができるんですが、ひかりTVの品質改善目的だと、MLDスヌーピングだけで大丈夫です。
MLDクエリアは、設定してあっても問題ないと思いますが、ひかりTVしかIPv6マルチキャスト通信をする物がないのであれば、特に設定は不要だと思います。インターネット側にデータを送信するサーバがあるので。

私の場合は、IGMPスヌーピング(MLDがIPv6で、IGMPがIPv4)も設定してあるのですが、IGMPの方はクエリアも設定しています。スイッチングハブにDLNAサーバを接続してあるのですが、IGMPクエリアを設定しないと、無通信期間が長くなると、DLNAサーバが見つからなくなってしまうことがあるからです。

はじめまして。
ひかりTVを導入したはいいものの常に発生するブロックノイズに悩まされてブログにたどり着きました。本記事のおかげでほぼブロックノイズが発生しなくなり大変助かりました。現在はMLDスヌーピングとMLDクエリアのみ有効にしておりますが、その設定で問題ございませんでしょうか。理解が及んでおらず大変恐縮ですが、ご教示いただけると大変助かります。

スマートスィッチ(BS-GS2024P)を設置しました。

我が家は、"家じゅうどこでもひかりTV"の設定で、チューナーをつないでいるTVの他に2台のDLNA対応TVで放送中の番組視聴を行っていますが、TV設定(メニュー順番)
コンテンツマネージャー → ST-3400 → 動画 → データー量(15M , 5M , 2.5M) → 多チャンネル → 番組視聴
データー量5Mで選択時に音声・映像が瞬断していましたが、スマートスィッチを設置したことで、瞬断が無くなり、ストレス無く鑑賞出来る様になり快適になりました。
(母の部屋のTVで時代劇視聴で瞬断が無くなり喜んでおります。)

他の部屋で、データー量15Mを選択時は、放送中の番組は現在でも20秒に一度程、音声・映像が瞬断しますのでHDDに録画した番組を視聴する時に設定しています。

私は、地上波はSONYのナスネに録画し、ひかりTVはHDDに録画を行い、車のBGM用にPC TV PlusでDVDに焼いて音楽番組等を楽しんでいます。

ご享受ありがとうございました。

(2)
QoSですが、現在は設定していません。
ひかりTVでトリプルチューナーを使っても100Mbpsの帯域を使い切らないので、ギガビットイーサネットだとほとんど待ちが発生していません。
ポートベースQoSやDiffServとか設定してみましたが、大きな差は出ませんでした。

(3)
バッファ容量は何もしなくても1.5MBです。

MLDスヌーピングを有効にするとかなり効果があると思います。
特に処理能力が低いネットワーク機器が混在している場合は。

私も同じ様に、ひかりTVの瞬断が発生します。
チューナーはトリプルチューナーの(ST-3400)です。
光回線は、ドコモ光xGMOとくとくBB(KDDI)(IPv6 IPoE + IPv4overIPv6 (V6プラス接続))で、ONUは、ドコモ光開通時に設置された(GE-PON(ONU))です。
ルーターはBUFFALO WXR-1900DHP3を使用し、回線速度は、PCとスマホで測定し、どのサイト及びアプリを使用しても(下り200Mbps以上・上り200Mbps以上)の速度です。

今回、BUFFALO 24ポートギガL2スイッチ "BS-GS2024P"を手に入れましたので

(2) ポートベースのQoSが使える
ひかりTVチューナーと優先順位を高く設定方法
(3) バッファ容量が1.5MBと大きくなる設定方法

上記の現在の設定をご享受お願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563997/65652507

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりTVの品質改善(スマートスイッチ BS-GS2008の導入):

« I-Oデータのv6プラス対応機器(WN-AX1167GR)を試してみた | トップページ | RV-230SE + WXR-1900DHP + v6プラス構成の時の RV-230SE の設定 »

無料ブログはココログ