« I-Oデータの無線ルータ WN-AX2033GR がv6プラス対応したので試してみた | トップページ | YAMAHAルータ NVR510 でv6プラスやったけどうまくいかなかった話 »

2018年2月18日 (日)

Synology DiskStationが便利(DS115j + AmazonDrive)

昔からNAS(Network Attached Storage/ネットワークHDD)を主にバックアップ目的で使っています。最近だと、私と妻で別PCを持っていたりするので、ファイルの受け渡しにも使っています。自分のPCをディスク共有すると、立ち上がっているときしか使えないですからね。

昔は、I-Oデータ製とか、バッファロー製を使っていたんですが、去年の5月頃、このページで、Synology社のDiskStationという製品を知って、乗り換えてみたのですが、非常に使いやすいです。

I-Oデータ製とか、バッファロー製とかは、付加機能も付いていますが基本NASです。でも、DiskStationはほとんどPCサーバです。機能を付加していろいろ使えます。クラウドストレージとの同期機能を付加できたり、VPN構築できたり、メディアサーバーにできたり、Webサーバとか、Git/SubVersionサーバとか、本当に何でもできます。Linuxサーバ立てるよりお手軽だし。

私は、以下を使っています。HDD 1基のみ搭載できる一番安いモデル。人気なのは HDD 2基搭載できるモデルのようです。

HDDは以下を選択しました。

PCからDS115jへのバックアップは、BunBackupを使っています。
いろいろ試した結果、これが一番便利だったので。

さらに、DS115jからCloud Syncを使って、Amazon Driveにバックアップを取っています。

私が始めたときは、Amazon Driveは容量無制限だったのですが、今はAmazonは容量無制限を辞めていて、基本1TBになっています。ただ、今の私の使用量は550GBぐらいなので、問題なし。現時点で、Amazon Drive 1TBの料金は、年間13800円。Cloud Syncは、DropBoxとか、Googleドライブとか、One Driveとかも使えるので、クラウドストレージはどこでも行けると思います。
PCからクラウドストレージに直接バックアップが取れる製品も多いと思いますが、この多段の方法だと以下のような利点があります。

(1) DS115jが立ち上がっていれば、PCが起動できなくても、クラウドストレージにアップロードできる。
家の内部はギガビットLANでも、インターネットはやっぱり遅いので、同期をとり続けようとするとPCが落とせないという状況になってしまいます。でもこの方法だと、まずDS115jにコピーしてしまうので、PCが落としやすいです。

(2) 家にPCが何台あっても1アカウントで済む。PCから直接やる方法だと、PC毎にアカウントが必要だったり、領域を使い分けたりする必要があるけど、この方法だとDS115jだけをコントロールすればいいです。

« I-Oデータの無線ルータ WN-AX2033GR がv6プラス対応したので試してみた | トップページ | YAMAHAルータ NVR510 でv6プラスやったけどうまくいかなかった話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563997/66406604

この記事へのトラックバック一覧です: Synology DiskStationが便利(DS115j + AmazonDrive):

« I-Oデータの無線ルータ WN-AX2033GR がv6プラス対応したので試してみた | トップページ | YAMAHAルータ NVR510 でv6プラスやったけどうまくいかなかった話 »

無料ブログはココログ